リアルタイム投票システムでユーザー評価を丸裸!リアルタイム投票システムでユーザー評価を丸裸!

16種類のミネラルが存在!体の調節機能を持つミネラルについて解説します

5大栄養素「ミネラル」のはたらきを徹底解説

ミネラルは精力回復にも非常に効果的な5大栄養素のひとつです。しかし種類が豊富で別項目で解説する亜鉛やセレンなどもミネラルの1種です。
勃起力で選ぶ

勃起力で選ぶ

ユーザー評価を元に多くの方が「勃起力向上を感じた!」と評価した5商品を紹介!
増大効果で選ぶ

増大効果で選ぶ

1,000人を超えるリアル投稿により「増大効果を感じた。」と評価された5商品をピックアップ!
持続力UPで選ぶ

持続力UPで選ぶ

「持続力がUPし、早漏改善の効果があった。」と評価が高い5商品を紹介!
商品名から探す

商品名から探す

五十音順で掲載しています!お探しのレア商品もきっと見つかるハズ!
成分と効果から探す

成分効果から探す

アイテム購入で気になる成分…あなたの疑問にお答えします!

ミネラル

ミネラルイメージ

ミネラルを多く含む食材

カルシウム

チーズや脱脂粉乳などの乳製品に多く含まれていることがわかっています。またひじきや桜えび、煮干しなどにも非常に多くのカルシウムが含まれています。

マグネシウム

あおさやのり、ひじき、わかめ、こんぶなどに多く含まれています。

リン

しらす、いくら、すじこ、たらこなどに多く含まれています。

ミネラルの効果・効能

ミネラルの効果・効能は以下のとおりです。

筋肉や神経の調節

酸性・アルカリ性の調整

たんぱく質や脂質の代謝

生体機能のコントロール

骨や歯を強くする

ミネラルとひと口にいっても、必須ミネラルといわれる16種類のものが存在します。

亜鉛やカルシウムなどもミネラルの1種で、他にマグネシウムナトリウムカリウムリンマンガンモリブデンセレンクロムニッケルリチウムコバルトバナジウムなどがあります。

鉄は運動をするのに必要なエネルギーを補給したり、これが不足してしまうと運動能力や免疫機能の低下があります。

マグネシウムは骨の形成をサポートしたりします。
またリンはカルシウムやマグネシウムと結合して骨を強くするといわれています。

したがってリンが不足すると骨そしょう症などに陥る危険性があります。

ミネラルの副作用

ではこういったミネラル群を過剰に摂取してしまうと人体に副作用は起こるのでしょうか。

カルシウムの過剰摂取

カルシウムなどは、骨を強くする作用があり多く摂ることが推奨されているミネラルですが、あまりに過剰に摂取してしまうと動脈の中で石灰化してしまったり、腎臓結石に繋がったりします。

ヨウ素の過剰摂取

ヨウ素を過剰に摂取すると甲状腺の障害につながる恐れがあります。

また他のミネラルとの間で摂取のバランスが保たれないと、他のミネラルの吸収に悪影響を与えたりします。

すべてのミネラルをバランスよく摂取することが重要だといわれています。

ミネラルの価格・希少性

ミネラルは普通の食事から摂取することができる5大栄養素の一つで、特に希少性が高いということはありません。

希少性よりもより多くのミネラルを摂取することが難しいのではないでしょうか。
ミネラルは体内で生成できないため、食事から摂取する必要がありますが、多くのミネラルを確保するためには多くの食材や品目を用意する必要があるからです。

ミネラルを多く含む精力剤

クラチャイダムゴールド