リアルタイム投票システムでユーザー評価を丸裸!リアルタイム投票システムでユーザー評価を丸裸!

ホルモンのメカニズムや日常生活を分析すると、女性の性欲を深く理解できます

女性はの性欲の加速はホルモンやパートナー、日曜生活に起因する

性欲に大きく関わる男性ホルモン、さらには年代ごとの日常生活から判断して、歳を重ねた女性の体的欲求が高まるのは事実です。
勃起力で選ぶ

勃起力で選ぶ

ユーザー評価を元に多くの方が「勃起力向上を感じた!」と評価した5商品を紹介!
増大効果で選ぶ

増大効果で選ぶ

1,000人を超えるリアル投稿により「増大効果を感じた。」と評価された5商品をピックアップ!
持続力UPで選ぶ

持続力UPで選ぶ

「持続力がUPし、早漏改善の効果があった。」と評価が高い5商品を紹介!
商品名から探す

商品名から探す

五十音順で掲載しています!お探しのレア商品もきっと見つかるハズ!
成分と効果から探す

成分効果から探す

アイテム購入で気になる成分…あなたの疑問にお答えします!

女性は歳を重ねるにつれて性欲が強くなる

セクシーな女性

身体のメカニズムを元に考える

女性は歳を重ねるごとに性欲が高まると言われていますが、街角のアンケートのような調査結果では、どういう結果が出たとしても、根拠として不充分ですね。

そこで、女性の身体の仕組みを考え、その上で年齢と性欲の関係性について説明していきます。

まず女性の身体には、男性ホルモンも含まれており、これが年齢と性欲の関係に大きく関わっています。

男性ホルモンの中にはテストステロンという成分があり、これは男女において性欲の高まりを引き起こします。

ちなみに女性の場合、このテストステロンは20代を目安に高まりはじめます。

これを男性の心理状態で例えるなら、思春期の10代に非常に近いものになります。

さらにこのテストステロンは、女性は40代を過ぎてもなお分泌が続くのです。

分かりやすく砕けた表現を使うのであれば、女性は20代でエッチに興味を持つようになり、エッチに対する願望が40代になっても衰えないということになるのです。

この流れを分析すると、年齢とともに性欲が高まるというのは若干表現が食い違うものの、男性に比べて性欲多感な時期が長いことは事実です。

日常生活から考える

身体のメカニズムだけでなく、女性ならではの日常生活も性欲の増加に繋がっています。

例えば20代、30代、40代の女性の日常生活を例に挙げて考えてみてください。

20代の女性というのは年齢的にも恋人ができる歳ですし、エッチの経験も未熟になります。

また、この年代の男性の性欲は非常に高いため、女性はそれに合わせる形でエッチします。

30代になると結婚と出産を経験しているケースが多く、育児に追われ、エッチをする余裕がなくなります。

家事に休みはないため、男性がエッチを求めても女性は休息を優先したくなり、これでセックスレスに陥る夫婦も数多く存在します。

この年代の女性はエッチに興味がないのではなく、それを楽しむ余裕がない生活が続きます。

しかし40代になると子育てにも区切りがつき、育児に追われる毎日と卒業できます。

このため、エッチをする余裕ができますし、生活上、時間を使った濃厚なエッチも可能になるため、エッチに対する願望が高まります。

一方男性は逆に精力が衰え、同年代の女性を満足させるエッチをするのが難しくなってきます。

エッチに満足できない分、より満足するエッチを女性は求めるようになるのです。

こうやって女性の年代別の日常生活を考えると、年齢が高くなった時に性欲が高まるのは納得できます。

身体のメカニズムと女性の日常生活、これらの点から判断すると、確かに年齢を重ねた女性は性欲が強くなるというのが分かります。

もちろん正比例のグラフのように年齢と性欲がキッチリと比例するというわけではないですが、少なくとも性欲のピークやエッチを望む年齢に、男性とのズレがあることは明確です。